--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-29(Wed)

スイス5年生、7年生

最近ずいぶん子供たちの学校について書いていなかったので、ちょっと書きたいと思います。

あっつん、5年生。今年初めて男の先生が担任になりました。
なかなか手ごわい先生で数学とドイツ語に苦労しております。
最近はだんだん克服方法がわかってきたのか、成績が上がってきました。

スイスの5,6年生は中学からの進路がかかっているので、日々の勉強が大変です。
ちょっと受験生のよう。
フランス語、ドイツ語、算数の点数が大切で、他にも
地理、歴史、科学などがあります。

毎日バスで隣村まで2往復。(お昼ご飯を食べに帰ってくるから)
でも今年は友達が一緒なので大丈夫。

せりぽん、7年生。去年も7年生だったんですけど、今年から別の学校の7年生になりました。
朝6時に起きる日もあれば、7時20分に起きる日もあり、なんだか不思議な時間割なのですが、
電車やバスで(日によってまちまち)山のふもとにある町の学校に通っています。
駅から学校まで徒歩10分ほど。
学校にはカフェテリアがありますが、こちらも教室のある建物から10分弱。
学校にはグラウンドがなく、こちらも徒歩10分。。。または30分ぐらいかかる場所へ。
良く歩くからか、良く食べます。
月曜日は隔週で午後からお休み。隔週で体育があり、冬のあいだはそれぞれ自分の村でスキーです。
今年は3回ほどスキーでしたが監督の先生が若くて、毎回みんなにココアをおごってくれるそうで
楽しく行っております。
そうそう、若い先生といえば、音楽の先生。ふつう音楽の授業といえば歌を歌ったり、クラシック音楽の
観賞ですが、この先生はとってもロック。
この前のテストは、”○○さんが××の曲を発表したのは?”とか、そういうことばかり覚えないと
いけなくて、”そんなの知らないよー!どうでもいいし!"
と、言いながらのテスト勉強でした。。。

こっちも日々のテストは並大抵のことではありません。
フランス語に加え、ドイツ語、英語、今年はイタリア語を選択したので、頭の中は。。。。
ご想像にお任せします。

勉強は大変ですが、まあ楽しくやっている様子。
朝起きると毎朝、山の上と下の天気予報をチェックして出かけます。
標高差があり、かなり温度も天気もが違うのです。

今年の冬は寒かった。。。。
(過去形にしたい。。。)
samu2
(レマン湖畔の風景。。。何もかも凍りついてます)



スポンサーサイト
2010-03-27(Sat)

スイスの教室の風景

。。。というか、子供たちの通っている学校なんですけど。


今の日本の学校の子がどんな様子かわからないし、自分の小学校時代がどんなだったかちょっと
思い出せないところもありますが、”えーっ!!そんなことするの!?”
な子供たちをご紹介。

まず、セリポンのクラスの男の子A君。鼻の穴に手を突っ込んだまま先生の話をききます。
そのまま停止。。。。。。彼はペンをかじることでも有名。

学校ではお菓子はおやつに持っていってもいいんですけど、ガムは禁止されています。
授業中に口をもぐもぐ動かす子に先生が“ガムを食べない!出しなさい!”
B君”ガムじゃありませ~ん、消しゴムでーす。”
そして、C君も同じ注意を受けると
C君”ガムじゃありませ~ん、クリップでーす。”
先生”もう、みんなどうして、そんなもの食べるのよ!”
先生も当惑気味。

今日は釣りを趣味にしているD君が、理科の授業中にみんなの机の上に魚釣り用のミミズをおいていったんだとか。
理科の先生、とても怒って、クラス全員に”オーダレー”という自習2時間の罰を言い渡したらしいです。
この先生の授業では、みんな紙飛行機をとばしたり、スキーのゴーグル、スキー、帽子のフル装備で授業を受けたりと、いろいろやってきたみたいですが、みみずは初めてだったようです。

こういう現実をみているからか、せりぽんは日本の男の子に憧れているのかな。
takahiroや手越君。。。
2009-04-05(Sun)

四月の魚

4月1日水曜日。

せりぽんは学校から帰ってきて憤慨したように、もらってきたプリントを見せてくれました。

”もう、このお手紙貰った時は、みんな怒ってたよー!”

なになに。。?

april

”前回のディクテー(先生が言うのを書きとるもの)のテストの結果が州の平均を下回っていましたので、イースター休暇中の月曜日に朝8時半から4時半まで補習授業を行います。この補習授業に出席しない生徒はディクテーのテストの結果を0点とします。休暇中ですが、成績をあげて、おいつくためです。どうかご理解ください”

。。というような旨のないよう。

えー?休暇中に?
週末から始まる2週間の復活祭のお休み。その月曜日からとなると、バカンスでホテルを1週間予約している人もすでにいるはず。それをキャンセルして、補習授業にでろって。。。じゃないと0点って。
これは究極の選択だー。

”なーんてね。嘘だよそれ。”

”は?”

”Poisson Avrilだもん。”

”そっか。可笑しいねーこれ!すごい!おもしろい!”

わはははははははははははははははっ

先生が一生懸命これを作っている様子と、子供たちがこれを受け取った時のクラスの騒然とした様子を想像すると、すごいうけました。

こちらでは4月1日のエイプリルフールはpoisson avril(四月の魚)と言われてます。

この日、学校ではみんな魚を作っていって、お友達や先生にくっつけたりします。
先生達は、つけられるがままにされたり、テープがくっつかないベストを着てきたり、
“私にはくっつけないでね”宣言をしたり(でも、くっつけられますけど。。)といろいろらしいですが、
イースターのお休み前で、みんなの気分が高揚してきているので、お魚攻撃をかわすのは難しいようです。

このお手紙もフランス語の先生のいたずらでした。
実際、前回のディクテーのテストは難しかったらしく、平均点が低かったらしいのですが、そこをついてこんな手紙を作るとは。。。
この紙も、お手紙の形式も、いつも学校からもらってくるオフィシャルな感じで、手が込んでること。。。

でも、Poisson Avrilを楽しむのは、先生だけじゃありません。新聞にもいろいろと出ています。
いったいどれが、本当の記事で、どれが嘘なのか。。。

”スイスの山をきれいにしよう。最近は野鳥が増えて、野鳥の落し物で山が汚れています。
崖を掃除するボランティアを募集中。”

。。。これ、嘘っぽい。

“スーパーのレシートをもらうのに5サンチームかかるようになります。”

これも、嘘かな。。。

”インターラーケンのミステリーワールドが夏だけ再オープン。”

もしかしてこれも嘘。。?

疑心暗鬼な一日になります。。。



さて、イースターのお休みがスタートしました。

子どもたちは、ローランドおじさんに連れられて、昨日から知り合いのシャレーに泊まりに行っています。
“フランス語強化キャンプ”と私の中では銘打っていますが、子供たちには
“おじちゃんと遊びに行くと楽しいよー♡”。。。と。

さっき電話すると、たのしそうな笑い声が聞こえてきました。

どんなお土産話を聞かせてくれるのか、とても楽しみです。




2008-12-12(Fri)

万年筆運転免許証

こちらでは、小学校の小さいうちから万年筆でノートをとります。

しかし!これはすぐにもらえるわけではなくて、ある程度字がうまくならないと、先生に万年筆を使う許可をもらえないんです。

あっつんは、最近、Permis de Plume をもらいました。
permis
これはスイスの車の運転免許証をまねしたものを先生が作ってくれているんです。
車の免許証は灰色ですが、こちらがブルーなことをのぞけば、本当に本物そっくり。
やることが凝ってます。

これをもらった時のあっつんの誇らしげな顔ったら。。。

しかし、万年筆というのはなかなか難しいんです。
書き損じると、エファッサーと呼ばれるペンで書いた場所をなぞります。するとあーら不思議、字が消えるんです。書き直すときはエファッサーの後ろについている青いペンで書きなおします。
。。。でも、もしもう一度書き損じた場合、書きなおしはできません。

。。というわけで、うちは何度でも消しゴムで消せるという特殊な万年筆を買っています。
もちろん日本製。こちらではフランスや大きな町に行かないと手に入りません。

そうそう、permis de plumeの中にはこんなことも書かれています。
permis2

”もし、シミをつくったり、線からはみ出すというような事故を起こした場合、また道具の取り扱いが悪い場合は、この免許証は取り上げられることがあります”

気をつけないとね。あっつん。
2008-11-21(Fri)

バレリーの結婚

夢の新婚旅行、

タヒチ、ボラボラで3週間。水上コテージで過ごす。。。。

いいですねー。

あっつんの担任の先生のバレリーが最近新婚旅行から戻ってきました。
お祝いのお礼にいただいたカードにはボラボラの青い海の写真が添えてあり。。。
これをもらった保護者のみなさんはきっとみんな

“いいなー、私もここに行きたいよー。”と言ったことでしょう。

結婚前に子供達に結婚の報告をするバレリーは目をぱちぱちさせて、
”うふっheart ”っていう感じだったーとあっつんが実演してくれました。

幸せいっぱいが伝わってきます。

今日も結婚式の写真を見せてもらったらしく、
”バレリーとってもきれいだったよ。”とあっつんはにこにこしながら教えてくれました。
私より2週間だけ年上のバレリーなのですが、さすがです!

“ママー、バレリーね。背中に漢字のタトゥアージュいれてたよ。”

”!!”


刺青を。。。もしかして。。。。

前、バレリーがうちの同じ建物に住んでいた時のことです。
お休みの日の朝にバレリーと、恋人(今の旦那様)のハロルドがやってきました。

“私たちの名前を漢字で書いてほしいの。”

と頼まれたので、漢和辞典を見ながら、できるだけきれいな文字を選んで、
バレリーとハロルドを漢字で書きました。

”タトゥアージュを入れるの?”

”ええ、そうしたいの”

冗談できいたんですけど。。。そうなんだ。
お互いの名前を体に彫るのだそう。

私のつたない字で書かれた文字が一生二人の体に刻まれているかと思うと。。。。

。。。ごめんね、バレリー。
プロフィール

nozomi

Author:nozomi
人生の1/3をスイスで過ごしてしまいました。14歳の女の子と12歳の男の子の母をやってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。